全身脱毛はどうやって行なうの

全身脱毛には、クリニックや病院で行なえる医療用レーザーを使用する脱毛方法とエステサロンや脱毛サロンなどで行なえる光脱毛があり、ほかにニードル脱毛があります。医療用レーザーは、レーザーの特定の色に反応する性質を利用し、黒い毛根の色に反応させ毛乳頭を照射によりやけど状態にしその細胞を破壊する方法です。光脱毛は、レーザーの使用は同じですがその光の出力のパワーを抑え、細胞を破壊するのではなくダメージを与えていく方法です。ニードル脱毛は、1本づつ毛穴に針を刺していく方法です。

医療用レーザー脱毛では、高い照射で行ない細胞を破壊するので、回数も少なく長期的な脱毛が実現し、光脱毛は出力を抑えているため、回数を重ねることにより医療用レーザーと同様の効果を得られます。いずれにせよ、1度の施術で脱毛が完了することではなく、毛周期に合わせた施術が必要となり、全身脱毛が終了したとはいえ完全に2度と毛の再生がないわけではありません。再生を抑えるということとなり、その持続性が医療用レーザーと光脱毛とでは大きく違うということです。ニードル脱毛は、従来レーザーが使用される前はこの脱毛方法が主流でしたが、1本づつ抜いていくことから時間がかかり、かなりの痛みを伴うことと全身脱毛の場合には、莫大な費用が必要となるため、現在ではこの方法での全身脱毛は、あまり使用されていません。

ただし、脱毛の効果は絶大なので、レーザー脱毛や光脱毛で施術できない部分使いに使用するには、効果的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です