医療機関とエステの永久脱毛の違う点

永久脱毛という呼び方で美容外科やエステで施術していますが、本当の意味で言うと美容外科や皮膚科などの医療機関での脱毛が永久脱毛になります。医療機関で使用する医療用レーザーや針脱毛は毛母細胞を破壊する事ができ、毛が再び生えてこなくなります。毛母細胞を破壊する行為は医療行為のため、医師以外の人は施術ができない事になっています。そのためエステの永久脱毛では、毛母細胞を破壊する程の強い光を使用する事ができません。

エステで行う永久脱毛は毛母細胞を弱らせて毛が生えにくくする事はできますので、回数を重ねる事で薄くなっていき気にならない程度の脱毛効果を得る事はできます。現在美容外科などでは医療用レーザーが主流になっていて、針脱毛はほとんど行われていないか、部分的に使い分ける程度になっています。医療用レーザーは完全に毛母細胞を破壊できるので、エステでの施術より回数が少なくて済みます。また医療機関のため、肌トラブルが起こった時に治療ができるメリットがあります。

エステもメリットはあり、永久脱毛を回数無数限で施術してくれたり、キャンペーンなどで安い事があります。また医療用レーザーより1度に広範囲に光を当てる事ができるため施術時間が短くて済む事や、もともとエステの光脱毛は肌を活性化して美肌や美白目的で使用していたので、その効果も期待できる事も魅力です。医療機関もエステもそれぞれメリットとデメリットがありますので無料カウンセリングを利用して、時間や値段、施術時の痛みなどを確認してから自分に合う方法を選ぶ事をおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です