全身脱毛と生理周期について

脱毛は多くの場合は女性が利用することが多くなっており、全身脱毛に関しては女性器に近い部分の脱毛も行うことができるようになっているところが人気の秘訣となっています。ですが、女性器に関しては注意が必要となっており、それが女性特有で存在している生理周期の存在です。生理周期自体は全身脱毛とそこまで関連性がないように思われがちですが、施行する部位によっては大きな影響を受けており、場合によっては施行をキャンセルもしくは部位を変更しなくてはいけなくなるということもあります。その部位は女性器であり、全身脱毛の中にはデリケートゾーンと呼ばれている陰部周辺の脱毛も含まれており、デリケートゾーンの施行は生理周期に配慮して行われることが重要となります。

と言うのも、生理中はホルモンバランスが崩れやすくなっているため、いつもよりも肌が敏感になりやすいという傾向があるためです。デリケートゾーン以外も同様ですがそこまで施行に影響するわけではなく、いつもより若干痛みを感じやすくなっている程度となっています。ただ、デリケートゾーンの場合はそれに加えて排出物もあるほか、抵抗力が落ちていることから肌荒れを起こしやすくなっていることも施行できない理由となっているようです。このことから全身脱毛を施行する場合、女性に限っては生理周期をある程度配慮する必要があり、生理中はできる限りデリケートゾーンの施行は避けるようにすることが重要であると言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です