病院などで行う針脱毛は永久脱毛ができます

病院などで行なっている脱毛方法は、レーザー脱毛が主流になっていますが、以前から行われていた針脱毛を取り入れているところもあります。針脱毛は、効果が抜群で永久脱毛ができる脱毛方法として有名です。病院などで行われる針脱毛の施術は、脱毛したい部位の毛を伸ばした状態にしておいて、その一本いっぽんの毛根に電気針を差し込む方法で行われます。差し込む電気針の先には、電気を流すと発熱する構造になっていて、その熱によって毛の成長に関わっている組織を壊します。

これで、毛が成長できなくなりますので、そこからは再度毛が生えてきません。針脱毛は、このように一本いっぽんの毛に対して処置しますので、時間はかかるもののほぼ完璧な脱毛ができます。しかし、施術に時間がかかるということは、費用もそれなりにかかるということで、病院などでの脱毛法にレーザー脱毛が導入されてからは、この方法は以前ほど使われなくなっています。また、針に電気を流してその先端から熱を発生させる時の刺激が大きく、かなりの痛みを感じます。

現在では改良されたとはいうものの、麻酔を併用して施術することが多いので、その費用も別にかかります。以上から言えることは、毛の本数が多い部位の脱毛は、最初からこの方法で行うよりは、はじめはレーザー脱毛などで行なって、どうしても上手く脱毛できない部分に対してのみ針脱毛を適用するのが合理的です。なお、病院など医療機関で行う脱毛は、医師と看護師の資格とは別に脱毛士などの資格も必要とされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です