針脱毛の実態を口コミで検証

光を当てるだけで簡単に脱毛できるのが光脱毛です。ただ、使用する光が黒い色に反応してしまうので、照射部位にほくろやシミなど色の濃いものがあると、その部分は脱毛できないという欠点がありました。そんな黒い部分でも脱毛できるのが針脱毛です。毛穴に細い針を刺して電気を流すこの方法は、光脱毛が主流になる前にはメジャーな方法でした。

その場で毛根を処理できるので効果がわかりやすいですが、毛穴1つ1つに針を刺すため非常に時間がかかること、そして痛みを伴うことというデメリットがあり、今の光脱毛に取って代わられたのです。ただ今でも全体は光脱毛で処理して、漏れた部分は針脱毛とポイントで利用する方も多いようです。そこでそんな針脱毛の実際を口コミで検証してみます。口コミで多いのが痛みに関してです。

施術者の腕にもよりますが、毛穴に針を刺して電気を流すのでそれなりの痛みは伴うようです。特にVIOなどのデリケートな部分は非常に痛みが激しく、途中で投げ出したという口コミも多く見られました。ただ、腕のいい施術者に当たると痛みもそれほど激しくないことから、痛みに関しては運も関係するようです。また、施術後に針を刺したところが赤くなるのは仕方がないようですが、提携のクリニックなどで化膿止めを処方してもらえれば、そこまで神経質になることはないようです。

口コミを総評すると、腕のいい施術者に当たればそれほど痛くなく仕上がりもきれいですが、そうでない場合は痛い上に仕上がりもイマイチとなることが多いようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です