針脱毛による無駄毛処理と肌荒れの予防について

針脱毛は無駄毛処理の方法の一つで、通電性がある針を毛穴に刺し込んで毛根の機能を破壊して新たな発毛を防ぐ効果があります。一度処理を行った部分からは無駄毛が生えないことから永久脱毛の一種として扱われています。針脱毛は一度に処理できる範囲が小さいことから、残す必要がある体毛との境目や面積が狭い部分の処理に適しています。また、ほくろや日焼けのように他の脱毛処理では対応できない部分でも無駄毛処理が出来るのが大きなメリットです。

その一方で針脱毛は毛穴に器具を深く刺し込む必要があることから処理の際に強い痛みを感じます。また、電気を通す際にも刺激が生じることから体質によっては肌荒れなどのトラブルに見舞われることがあります。脱毛処理は複数回に分けて行うのが一般的なので、肌荒れが生じると症状が重篤化しやすい傾向があります。肌荒れは放置すると見栄えが悪いだけではなく、傷口に細菌が入り込んで炎症や化膿などのトラブルが発生することがあるので、無駄毛処理を行う際はスキンケアも併せて行うことが大切です。

針脱毛による肌荒れを防ぐためには処理の際のスキンケアだけではなく、事前の打ち合わせも重要になります。針脱毛は他の脱毛処理と比べて刺激が強く、同じ部分に繰り返して処理を行う事が多いので体質に適した方法を提示するように心がけます。無駄毛処理は単に体毛を取り除くだけではなく肌の健康を維持することも見栄えを良くするためのポイントなので、信頼できる所で処理を受けるように心がけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です