現在多くの専門学校でカリキュラムや設備が充実しているので、私立大学と同じくらい学費がかかることも珍しくありません。そこで学費の負担を減らすために、奨学金制度があります。奨学金を受け取る専門学校生の多くが、日本学生支援機構を利用しています。専門学校に入学して申し込む在学採用の場合、第一種の学力基準は高校の成績を平均して、5段階評価で3店以上です。

高校3年生のときに申し込むより、低い評価でも奨学金を受けられます。家計基準は自宅通学なのかでも異なります。高校3年生の時点で進学先が決定しているならば、予約採用を選ぶのが良いです。奨学金を受け取るハードルは高くなりますが、早めに学費のメドをつけることを優先します。

第一種は無利子ですが、採用枠が少ないです。不採用の場合は第二種を希望することで、採用率がアップします。卒業してから返すので、受け取る金額はできるだけ抑えます。また都道府県や市区町村も奨学金を貸しています。

自治体によって採用の基準が異なります。月に1万円~6万円もらうことが多いです。金額はそれほど高くないので、ある程度学費を確保できる人に向いています。多くの団体で、日本学生支援機構の奨学金と併用を認めていないので注意します。

貸与型ですが無利子で貸し出すので、将来返済するときに負担が減ります。その他にも、専門学校が独自に設けた奨学金制度があります。奨学金試験を受けたり、特定の資格を持っている人を対象にしたり学校によって様々な基準があります。大阪の美容学校のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です