一昔前は、看護師になるには看護専門学校に入学するケースが大半で、看護大学はほんの一握りほどの数しかありませんでした。しかし近年、大学に看護学科が増設されたり、新たに看護大学が新設されたりしています。看護専門学校と看護大学ではどのようなメリットでメリットがあるのでしょうか。まず、最初にあげられるのは、大学の場合は、学歴として大卒資格が取れます。

将来、大学院で学びたい場合は即大学院に入学できます。また、4年制大学の場合は看護師以外に助産婦や保健婦の免許を取得できるところもあります。そして、「自分は看護師は向いていないな」などと思った場合、臨床検査学科や理学療法科など、他の医療系の学科に転科が可能な大学もあります。では、看護専門学校はあまり、魅力がないのでしょうか。

そんなことはありません。看護専門学校の多くは病院付属です。A病院付属看護専門学校という名称の学校の場合、実習が充実していたと言う声が多いです。病院付属の学校の場合、実習生は将来は一緒に働く後輩となる可能性が高いので、指導者も力が入ります。

新設の大学の実習生の場合は、実習先の確保が大変です。すでに臨床検査科や理学療法科などで実習先が確保できていたとしても、どこの病院もたくさんの学校から実習生を引き受けています。当然、昔から受け入れている学校の実習生を大事にする傾向があります。古くからのA看護学校と今年から受け入れたD大学の実習生が同時に実習となった場合、A看護学校の実習生は指導者がついて色々とさせて貰っているのに、D大学の実習生は遠巻きに見ているだけ、と言ったケースもあります。

実習先の病院がどこなのか、といったことは、よく確認しておきましょう。大学と言うブランドだけに囚われない事も大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です