最近様々な学科に対応する専門学校が増えています。ニーズの高まりには、専門学校にいくつかのメリットがあるためです。まず、就職に有利に働くことです。文部科学省によると2011年の大学就職率は60%台でした一方で専門学校では75%と高い就職率を誇っています。

不況が影響して、多くの大学生が安定した生活を送るために大企業への就職を希望します。すると大企業の倍率が上がり、中小企業の求人には応募が少なくなります。しかし、専門的な知識を持っていると、企業の即戦力になります。企業が欲しい人材を育成して、学生側も希望する職種から就職先を選べるので、双方のニーズに応えています。

また長い実績のある学校では、企業とのネットワークが充実しており、一般には求人を出さない企業も人材を求める傾向にあります。就職率の高さはそのまま学校の質の高さを示すので、就職活動のサポートを徹底して行います。次に、働いていても入学できることです。大学に通っている人やすでに就職している人は、夜間学校に通うという選択肢があります。

カリキュラムも資格取得を目的にしているので、大学や仕事のスキマ時間に独学で習得するよりも、効率が良いです。クラスメイトは同じ業界に興味を持ち、目標も共有できるので、モチベーションも維持しやすいです。さらに取り扱う業界によっては、専門的な機器の操作を必要とする場合があります。専門学校は設備が充実しており、実際に触れることで生きた学習ができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です